胡蝶蘭を贈ってみた

私が住んでいるオランダでは、胡蝶蘭はとてもポピュラーな花です。

 

日本では非常に高価で、そうそう気軽に買うことのできない花ですが、オランダでは激安スーパーなどでもしょっちゅう安売りされており、だいたいひと鉢600円くらいからで買うことができます。

 

それも年中売り出されているので、オランダ人のおうちに行くと、必ずと言っていいほど胡蝶蘭を窓辺に飾っています。

 

私も今年の2月に2鉢買いました。白とピンクの胡蝶蘭です。

 

胡蝶蘭は非常に長持ちで、一度花を咲かせると全く枯れる気配も見せずに何ヶ月も咲き続けます。

 

ですが、枯れるときはわずか数日で茶色くしぼんでいき、ポトッと落ちていきます。

 

枯れる前日までまったく分からないのです。本当に一瞬のうちに枯れていきます。

 

私が買ったピンクの胡蝶蘭は残念ながら一度咲いて全部枯れて、そこから花がつぼみをつけることはありませんでした。もう茎が赤くなって、栄養切れだと、あまり植物を育てたことのない私でも分かるほどでした。

 

ですが白い胡蝶蘭の方はつぼみをたくさんつけて、いま2度目の花を咲かせています。12個ほど咲いています。

 

特別な肥料はやっていません。水やりを時々するくらいで、2月から今まで持っているのですから、非常に強い花だと感心しています。

 

参考サイト:東海市ホームページ